ネットショップ

多機能防災缶ゆうぺーるの用途

 

防災減災非常用品


商品紹介

簡易洋式トイレゆうぺーる

多機能防災缶ゆうぺーる

防災用いす

ゆう箸

ドラム缶雨水吸出しクリップ

キャップシール

大和システム株式会社 YAMATO NB

お気軽にお問合せください

【フリーダイヤル】0120-6346-0950(直通)

【電話】072-289-6948(直通)

【FAX】072-289-6958

Welcart 営業日カレンダーWelcart 営業日カレンダー

  • 今月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    翌月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    (      発送業務休日)
Globalsign SSL Site Seal

IOT・RFIDの活用で、ドラム缶等の物流ソリューション

モバイルクラウドによるRFIDを活用した経営情報システム(MIS)

物流システムへの適用

  ドラム缶内容物の流れを自動で収集することにより、受発注や在庫管理にかかる経費や時間を大幅に減らすことができ、
  物流の効率化を図ることができます。

主な特徴
  • 「いつでも」「どこでも」「だれにでも」タイムリーに在庫情報が正確にわかります。
  • クラウドで電子データのやりとりを行うので、紙の伝票をなくすことができます。
    これにより大量の伝票作業と保管が不要になります。
  • 発注もスピーディー、かつ簡単にでき、時間とコストの削減ができます。
  • 事務処理時間を大幅に短縮することができます。
RFIDの効果

  RFIDタグにはドラム缶内容物の商品名、製造ロードNo、製造年月日、内容物情報、消費期限、保存方法、製造者、発売社、
  その他の情報を記録されており、このRFIDタグを具備するキャップシール(Pシール)を用いる物流管理システムによれば、
  ドラム缶内容物の生産(充填)、物流から販売まで、すべての情報を関係部署がタイムリーに把握することが出来ます。

RFIDを活用した経営情報システム(MIS)について

RFIDによって、物の動き(通過点)を押さえることから始まる情報管理の考え方

  物(商品)の移動ポイント毎にRFIDの読み取りを行うことで、商品状況の可視化は勿論、
  移動ポイントとその情報を組み合わせることで自動的に広範囲なデータ連携を生み出すことができます。

  例:お客様入荷ポイントでRFIDの読み取りによって自動的に連携される情報例

  • お客様では:入荷検品情報→在庫情報→買掛情報→経理情報
  • 出荷元では:納品情報→売掛情報→経理情報

RFIDを活用したMIS
        *IOT:「モノのインターネット」(Internet of Things)

Pシール(RFID付)によるドラム缶及び内容物の物流管理

主な作業改善と作業効率を高める各管理部門

  Pシール(RFID付)は、非接触で読み書きが出来、1.5メートル離れていても、
  パレット上のドラム缶4本を一括読み取りすることができます。

事務管理

  各種紙伝票類が電子データになります。従ってペーパーレスになり環境にも優しい。

入出荷管理

  自動で読み取ることが出来、省人化できます。ドラム内容物の盗難防止になります。

物流管理

  トレーサビリティができます。

通い容器管理

  所在が分かるので、紛失の抑制をすることができます。

在庫管理

  先入れ先出し、また残量管理ができます。

品質管理

  賞味期限管理ができます。

危険物管理

  個体識別、トレーサビリティ、環境への対応

Pシールとは

  ドラム缶等金属容器の口金部用のキャップシールで
  口部は大小のサイズがあり、取付位置は日本工業規格JISZ1604で規定されています。
  ⇒ ドラム缶用キャップシール「Pシール」のご紹介
Pシール

対象金属容器について

  Pシールは以下の鋼製ドラム缶用口金に装着可能です。

  • ドラム缶
    鋼製タイトヘッドドラム:JIS Z1601-2006
  • オープンドラム缶
    鋼製オープンヘッドドラム缶:JIS Z1600-2006
  • 中小型缶 容器20L~100
  • 鋼製ペール:JIS Z1620-1995

RFIDとは?

  RFID(Radio Frequency Identification)とは、電波を利用して人や物を認識する 非接触型の自動認識技術で
  タグやラベルという形に加工されたアンテナ付きICチップを人や物に付与し、そのICチップに対して情報の読み取り
  や書き込みを行います。QRコード・バーコードなど接触型技術と比較し、下記のような特徴があります。
  一例として非接触型の定期券もRFID技術を利用しています。

  • 複数個一括読み取り
  • 被覆読み取り
  • 追記・書き換え
  • 読み取り距離が長い
  • 移動体自動読み取り
  • データ容量が大
  • 経年変化/汚れに強い

主な用途

  RFIDを内蔵させたPシールは、内容物の充填から出荷管理までの物流全般のトレーサビリティ管理や
  容器回収も含めた容器管理を行うことができます。

  • ドラム缶の物流管理
      ドラム缶の仕様を記録し、誤出荷・誤使用を防ぐことができます。
  • 内容物の物流管理(トレーサビリティ)
      (特に高価な内容物、医薬品や農薬などの危険物)
  • 内容物の残量管理
  • 内容物の賞味期限管理

  などが可能になります。

活用イメージ

  ドラム缶は言わば液体を包む包装紙であり、 その包装紙にRFIDタグを付けることでバリューチェーン上での
  可視化など様々なシーンで 内容物管理  ソリューションを提供致します。
活用イメージ

弊社製品について、その他不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • お電話・FAXでのお問い合わせ 【電話】072-289-6948(代)【FAX】072-289-6958
  • インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら